表面だけの「お・も・て・な・し」

最近「日本すごい」をうたった番組や雑誌をたくさん目にします。

 

 

世界が日本のすごさに驚愕しているネタです。

 

 

どれだけナルシストなのよって感じです。

 

 

しょっちゅう海外出張をしている私は外から日本を見つめる機会がよくあります。

 

 

メディアがうたっている日本と、実際に海外の人々が感じている日本に大きな乖離があります。

 

 

というか、世界の人はメディアが言うように「日本すごい」なんて思っていません。

 

 

日本にしかいない日本人はメディアに洗脳されています。

 

 

そろそろナルシストのように自分の国を「すごい」なんていうのやめませんか?

 

 

諸外国に対して「すごい」を使えばいいと思う。

 

・イギリスのここがすごい

・アメリカのここがすごい

・中国のここがすごい

 

こうすることで、島国にいる私たちが諸外国に興味を持つきっかけになるのではないでしょうか。

 

 

ホメられている国も悪い気はしないので、日本では我々の国のこの部分がすごいとホメているようだと話題になることでしょう。

 

 

こうすることで相手の国も日本という国に関心を持ち良いイメージを持ち始めるのではないでしょうか。

 

 

ナルシストのごとく自分の国はすごいを連発しているよりとても良いと思います。

 

 

しかし、実際メディアが言っているのはこれの正反対で、特に東アジア近隣諸国(中国、韓国、北朝鮮)を報道する場合、ネガティブにあふれています。

 

 

例えば、中国では信号無視や列に並ばないなどを強調し、日本ではきっちりと規律をまもり秩序があることを強調します。

 

 

これも相対的に相手を下げて自分たちを上げる「日本すごい」の一つです。

 

 

そんな中、日本の「おもてなし」は世界一だと信じて疑わない人がたくさんいます。

 

 

国により文化も歴史も異なり価値観も違うため、全員が日本式おもてなしを称賛しているわけではありません。

 

 

例えば、日本の旅館のおもてなしを、ただうざいと思っている外国人も少なくありません。

 

 

だって、勝手に人の部屋に入って布団敷いているんですよ。

 

 

日本では当たり前でも、外国人からみたら「ここにはプライベートがないのか」とうんざりしてしまいます。

 

 

また、日本は思いやりがあってやさしい人が多いと思われています。

 

 

しかし、実際に日本に来た外国人は本質を語っています。

 

 

「確かに日本人は礼儀正しくやさしい。でもそれは表面上だけ。ちょっとしたことでイライラするし、人がいないところで悪口はいうし、内面は全然やさしくない」

 

 

最近中国人の友達に聞いた話は強烈でした

 

 

「日本人はなんでもかんでも日本が一番だと思っていて、私たち中国のことは完全に下に見ている。中国にもいいところがたくさんあるのに、それを理解しようともしない」

 

 

まさに「日本すごい」を連呼するあまり、外国人からはこのように映っているようです。

 

 

このままはいくと日本は世界の嫌われものになってしまいますよ。

 

 

 

カテゴリ:恋愛  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。