自分にウソはつかないで

自分にウソをついてでもその恋進めますか?

 

 

付き合いが長くなると、相手の嫌な部分もたくさん見えてきます。

 

 

それはあなただけでなく彼の方も同様です。

 

 

付き合い始めの頃は何事も新鮮で特に気にならないことも、

 

 

少しずつお互いの事を知るようになると、相手の性格や態度が浮き彫りになってきます。

 

 

これまでオブラートにつつんで何とも思わなかったことも、ちょっと嫌だなと思うようになってきます。

 

 

それがあなたの我慢できる範囲か否か、これはとても大切です。

 

 

例えば、彼に爪を噛むクセがあったとします。

 

 

もちろんいつも噛んでるわけではなく時々です。

 

 

付き合いが長くなると、彼がどんな状況で爪を噛むのかがわかってきます。

 

 

例えば、

 

・イライラしている時

・大きな悩みを考えている時

・怒られた後

 

 

彼の行動パターンを知った上で、爪を噛む行為はどう感じますか?

 

・いつもじゃないし、時々なので気にならない

・時々とはいえ、子供じゃないのだし爪を噛むのはちょっと嫌かも

 

 

友達に彼が爪を噛むことを相談すると、友達は十中八九「そんな男嫌」と答えるでしょう。

 

 

ところが、あなたは彼のその爪を噛む行為以外は特に気になるところがありません。

 

 

むしろ相当愛しています。

 

 

さぁ、どうする?

 

 

1.彼に話してその行為をやめてもらう

2.時々の事なんだから何も言わずにそのまま付き合う

 

 

自分にウソはつかないで、正直な行動をとりましょう。

 

 

今は少し嫌なことでも、長い年月の間にますます嫌になっていくかもしれません。

 

 

何事も気づいた時に対応するのが一番です。

 

 

「彼が怒るかもしれないわ」

 

 

怒ってしまったらそれまでの男ですよ。

 

 

そんな男性なら速かれ遅かれ終わりを迎えます。

 

 

だから、自分にウソをつかずに気になったらすぐに話した方がいいです。

 

 

案外、彼の方も無意識の行為で

 

 

「あ、俺ってそんなクセがあったんだ。自分では気づかなかったよ。言ってくれてありがとう。今度から気を付けるね」

 

 

といった感じで、彼から感謝されるかもしれませんよ。

 

 

繰り返します。

 

 

自分にウソはつかないで。

 

 

無理をすると長く続きません。

 

 

あなたが幸せになるためには、自分にウソはつかず無理をしないこと。

 

 

災いの元は早期に刈り取る。

 

 

これ鉄則です。

 

カテゴリ:恋愛  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。