細く長くが一番いい

恋の炎はある時突然点火されます。

 

 

それまで何とも思っていなかった男性を突然気になり始めることがあります。

 

 

恋というのは摩訶不思議の連発です。

 

 

何故彼を好きになったか理路整然と説明できないところが恋の面白さです。

 

 

あなたも付き合っていた男性から

 

 

「俺のどこが好きなの?」

 

 

と聞かれたことがあるでしょう。

 

 

ものすごく好きなのに、実際にこういう質問をされると返答に困ります。

 

 

「全部」

 

 

って答えたらウソくさいし、

 

 

「やさしいところ」

 

 

って答えたら、ありきたりでスペシャル感がありません。

 

 

本当のところ、あなたもどうして彼のことをそんなに好きになってしまったからわからないのかもしれません。

 

 

でも、恋を始めたころのあのときめきっていいですよね。

 

 

いくつになっても、ドキドキ感、わくわく感はいいものです。

 

 

どうせ恋をするなら長く仲良く付き合いたいです。

 

 

情熱的な恋が始まり、付き合って2,3ヶ月で結婚を決意する人も少なくありません。

 

 

それもいいのですが、でも情熱的な恋は冷めるのも早かったりします。

 

 

太く長く続く人は、皆無とはいいませんが、ほとんどいません。

 

 

大概、太く短く終わります。

 

 

ラテン系の恋は情熱的ですが、我々日本人の気質としてはやはり細く長くがしっくりします。

 

 

日本人の場合、恋が始まった時、情熱的になるのは男性の方が多いです。

 

 

その理由はシンプルです。

 

 

あなたと早くセックスしたいからです。

 

 

残念ながら男性はみなそう考えます。幻滅しないでね。

 

 

初デートであなたと手を握ることができたら、多くの男性は「この人とできる」とできると考えます。

 

 

この辺りの男性心理を知っていて損はしないので、頭にインプットしてくださいね。

 

 

男性は大好きな女性の前では、自分の紳士さをアピールします。

 

 

だから初めてのデートの時にいきなりセックスまで進めようとはしません。

 

 

本当は頭の中は、待ち合わせの場所から直接ラブホテルに行きたいのです。

 

 

でも、「自分は紳士なんです」をアピールしたいため、そんな仕草は絶対に出しません。

 

 

男性は初デートの時にどこまで進んだかで次回のデート以降の作戦を考えます。

 

 

例えば、初デートで

・手を握ることができた

・ほっぺにチュができた

・唇にチュウした

・胸を触ることができた

 

 

これらの一連の行為に対しするあなたの態度も男性心理に大きく影響します。

 

 

これらの行為を男性がしかけた時、あなたは

1.思いっきり拒否した

2.軽く拒否した

3.拒否したり同意したり

4.全て同意した

 

 

男性が一番興奮するのが「3」です。

 

 

思いっきり拒否させると、男性はドン引きします。

 

 

軽く拒否の場合、「時間と共に解決するのかな」と楽しい未来を想像します。

 

 

拒否も同意も両方の場合、「これはOKなんだ、あれはNGなんだ」と男性の攻略心をくすぐります。

 

 

全ての同意の場合、攻略性がないため男性はあなたをすぐに飽きてしまうかもしれません。

 

 

あなたがその男性を好きならば、「3」のバランスを保つことがベストです。

 

 

男性は初デートの成果により、2回目以降の作戦を考えます。

 

 

要は、何回目のデートでセックスするかのシミュレーションで頭がいっぱいになります。

 

 

あなたがその男性と長く付き合いたいのでしたら、男性からのセックスの誘いは2回目までうまく断りましょう。

 

 

男性も1回目の誘いですぐOKされてしまうと「この人、誰とでも寝るのか?」と思ってしまいます。

 

 

3回目まで引っ張るのがみそです。

 

 

これ以上引っ張ると男性のやりたい気持ちが怒りに変化します。

 

 

そして、あなたへの気持ちが急激に冷める男性もいるでしょう。

 

 

あなたを大切にしてくれる男性であれば、あまり意地悪しないで3回目くらいでOKしてください。

 

 

恋は細く長くが一番。

 

 

男性がぐいぐいきても、うまくかわしながら恋を楽しんでください。

 

 

あ、でも草食系男子はそもそもセックスしたいと思わない人もいるので、今日の話はあてはまらないですねぇ。。。

 

 

ま、草食男子とは甘い恋は期待できないので、最初から手出さない方が無難です。

カテゴリ:恋愛  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。