男性は甘えん坊です

男性は強く、女性は弱い

一般的なイメージです。

でもこれ「力」に関してのみ言えることです。

後の大部分は逆です。

例えば、

女性は痛みに強く、男性は弱い。

出産時に想像を越える痛みを伴いますが、女性はこの痛みを乗り越えることができます。

しかし、男性はこの痛みを乗り越えることはできないでしょう。

失神してしまうでしょう。

女性は病気に強く、男性は弱い。

特に小さいころに顕著なのですが、

女性は風邪をなりにくいですが、男性はすぐに風邪をひいて学校を休みます。

女性の方が抵抗力、免疫力が高いと言えるでしょう。

女性は失恋に強く、男性は弱い。

よくある話ですが、女性は失恋してもすぐに立ち直ります。

男性は失恋すると立ち直るのが非常に遅いです。

人によっては未練たらたらで何年も前の彼女を忘れることができません。

とまぁ、例をあげればきりがにくらい男性は圧倒的に弱いです。

生物として女性の方が圧倒的に優れているのです。

甘える行為についても、一般的に女性は甘えん坊で、男性は甘えずに堪えるイメージがあります。

女性は武器として男性に甘える行為をします。

女性に甘えられた男性は大概ノックアウトしてしまします。

また、自尊心の高い男性は自分が頼られているということに満足します。

しかし、実際は男性の方が圧倒的に甘えん坊です。

男性にはマザコンが多いです。

何歳になってもママに甘えたいのです。

ママから「ボクちゃん、どうしたの?」と聞かれ

甘えながら、時には泣きながら辛い話を聞いてもらいます。

だから、好きな女性に対してママを求める男性も増えています。

良く子持ちの母親が言います。

「ウチには小さい子と大きい子がいて大変よ」と。

男性はいつまでたっても子供なのです。

一方プラスのイメージとして使われるのが、

いつまでも少年の気持ちを忘れない、とか

少年の目をしてる、とか。

例えば、サッカーのカズは、何歳になっても少年のようにサッカーが大好きで、少年のような純粋な目をしているというように使われます。

これは誉め言葉です。

不思議です。

いずれにしても男性は子供だという意味なのですが、少年という言葉を使う時だけ誉め言葉になります。

一般的な男性は、本当は甘えたくて甘えたくてしょうがないのに、男性は強いものだという刷り込みのため、女性の前にそのようなしぐさを見せないように努力します。

そして、自分は懐が深く器が大きい男性のようにふるまいます。

女性はこんな男性を

頼りになるわ、ステキだわと感じ甘えてきます。

世の中は演技の塊です。

本来、男性が甘えん坊なのに、男性はそうでないように演じているのです。

女性は精神的にも肉体的にも強いのに、弱い女性を演じ男性に甘えてきます。

不思議な世の中です。

まぁ、細かいことは気にしなくていいです。

男女の本質を知った上で、その時その時最適な自分を演じることで

あなたも

彼も

幸せに感じるのであればそれでいいのです。

少なくともあなたが無理をしていないのであればOKですよ。

カテゴリ:恋愛  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。