男性は恋愛と結婚をはっきり分ける

若いころはたくさんの男性が私にちやほやしてきたのに、最近少なくなったわ。
歳のせいかしら

 

半分正しいし半分正しくない

 

その正しくない方の理由を知りたいわ。

 

年齢を重ねてもちやほやされている人はたくさんいます。

 

 

この差は何なのか?

 

 

それはあなたが結婚を意識しているかしていないかによります。

 

 

男性はあなたが結婚を意識しているかどうかを敏感に反応します。

 

 

男性にとって「恋愛」は「遊び」に近いようなものです。

 

 

ですので、相手を選ぶ基準は外見的魅力が中心となります。

 

 

多少性格が合わなそうと思っても、「美人だからいっか」と感じで無理してでも付き合います。

 

 

この辺は男性の見栄っ張りな心理が影響しています。

 

 

他人から自分の彼女が美人だというのは、男性にとって大きな自慢なのです。

 

 

また、この美人とセックスをしたというだけで、男性は大いに満足し高揚します。

 

 

しかし、「結婚」となると選択基準が大きく変化します。

 

 

恋多き女性や遊び大好きな女性は、選択基準から外れていきます。

 

 

一生連れ添う結婚の相手となると、

 

・自分に尽くしてくれて
・しっかりしていて
・家庭をきちっと守ってくれて
・忍耐力があって
・知性の高そうな女性が選ばれやすくなります。

 

もちろん、これを全部備えた女性はいないと思います。

 

 

でも男性は「結婚」となると、選択基準のハードルを一気に上げてきます。

 

 

だから、「結婚」を意識している女性を察知すると、男性はこの女性と人生を共にできるかと瞬時に脳内で計算し始めます。

 

 

女性の場合、「恋愛」「結婚」での彼氏選びに男性ほどの大きな違いはありません。

 

 

なぜなら女性にとって、セックスをすれば妊娠をする可能性があります。

 

 

男性のように「遊び」と割り切ることができないのです。

 

 

だから、女性は常に優秀で自分や子供を守ってくれる相手と付き合いたいと思うのです。

 

 

このような背景から男性は「恋愛」と「結婚」とでは主導権の持ち主が変わります。

 

 

「恋愛」の時男性は主導権を女性に委ねます。

 

 

女性がどこか旅行へ行きたいといえば、男性はそれにこたえます。

 

 

女性がおいしいものを食べにいきたいといえば、男性はそれにこたえます。

 

 

結婚前に男性は、女性に対して優しさをアピールし自分への評価を高めようとします。

 

 

しかし、結婚するとこの主導権が逆転します。

 

 

その要因となるのが経済力。

 

 

一般的に男性は女性よりも経済力が高いです。

 

 

出産育児も考えていくと、女性は結婚相手として経済力のある男性、頼りがいのある男性を考えます。

 

 

ここで女性が男性に頼るという図式により、自然と主導権は男性に移っていくのです。

 

 

経済力のある男性は競争率が上がるのは自然の摂理なのです。

 

 

素敵なあなたに幸あれ

カテゴリ:恋愛  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。