男性はなんでもかんでも競争したがる

男性は競争心のかたまりです。

 

 

なんでもかんでも競争したがります。

 

「俺の彼女が一番可愛い」

「いや、俺の彼女の方が可愛いと思うぜ」

「だったら、みんなに聞いて、多数決で決めようぜ」

 

女性にとってはどうでもいい話でも男性はすぐにバトルをします。

 

 

なぜ男性は小さなことでも、勝ち負けを求めるのでしょうか?

 

 

それは男性ホルモンが大きく影響しています。

 

 

男性ホルモンには攻撃的で競争をしたがる性質が含まれています。

 

 

競争心の高い女性は、この男性ホルモンの影響を強く受けているのです

 

 

男性の競争心は、子供のころからすでに形成されています。

 

 

小さな男の子が人形を使ってバトルごっこをします。

 

 

また、砂場で山を作る場合、山の高さを競争します。

 

 

一方女性は、協力し合うことが基本となっています。

 

 

小さな女の子の遊びとして、みんなで協力し合って積み木で家を完成させたりします。

 

 

そして、積み木の家の中でどんな風にすごすかを想像しながら楽しみます。

 

 

男性の世界は上下関係がしっかりしていて、集団ではリーダーをはっきりさせます。

 

 

初対面の人には、ある程度様子を見てどんな人間かわかってから初めて声をかけます。

 

 

一方女性は穏やかで平和的な協調路線で物事を進めます。

 

 

初対面の人には、仲間になろうと積極的に声がけをし世話をやきます。

 

 

このように根本的な部分で男女は異なります。

 

 

太古の昔、男性は狩りをして家族の食料をゲットしました。男性が獲物をとらないと家族は飢え死にしてしまいます。

 

 

だから、男性は命がけで獲物をゲットするのです。太古の昔から男性は競争心、闘争心を持っていたのです。

 

 

一方女性は家を守り家事をしていました。家にいるみんなが飢え死にしないように、平和的な協調路線をで物事を進めます。

 

 

彼を理解するのは、男性の基本行動を理解する必要があります。

 

 

男性のなんでもかんでも競争したがる本能を知ることで、彼の気持ちを理解しましょう。

 

 

これを知るだけでつまらないケンカが激減しますよ。

 

 

素敵なあなたに幸あれ

カテゴリ:恋愛  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。