気持ちの切り替えが上手になる3つの方法

あなたは気持ちの切り替えのは上手ですか?

 

あまり上手でないかも・・・

 

気持ちの切り替えが上手でないと人生いろいろと損してしまいます。

 

 

彼が何気なくいった一言、普通は何でもない一言でもあなたにとっては落ち込んでしまう一言かもしれません。

 

 

例えば、あなたがあまり好きでない女性のことを

 

 

「あの人はとてもキレイな人だね」

 

 

と彼が言ったとします。

 

 

あなたにとってはあまりいい気分ではないですよね。

 

 

ここで、気持ちの切り替えが上手にできないと、あなたと彼の関係に悪い影響を及ぼしかねません。

 

 

一方、あなたはある業務について会社で誰よりも詳しい人間だったとします。

 

 

しかし、会社がその業務のリーダーを決める時、選ばれたのは後輩の男性でした。

 

 

その男性、はっきり言ってあなたに比べて、その業務のことを全然詳しくないのです。

 

 

こんな時、あなたは自分を選んでくれなかった悔しさ、その業務に対するプライド、自分よりも後輩の男性がリーダーに選ばれたことなどで、結構へこむことでしょう。

 

 

世の中嫌な事が9割を占めてします。

 

 

嬉しいことなんて1割にも満たないのです。

 

 

9割もある嫌な事に、いちいち落ち込んでいたら身体が持ちません。

 

 

正確には、落ち込んでもいいのです。

 

 

落ち込まない人なんていませんから。

 

 

むしろ、落ち込んだ後にいかに早く正常な状態に戻れるかが重要です。

 

 

つまり、気持ちの切り替えを上手にできることが、楽に生きるためには絶対に必要なことなのです。

 

 

では、気持ちの切り替えが上手になる3つの方法を教えます。

 

1.物事は複数視点で見る
2.常に代替案を持っておく
3.「ま、いっか」と口に出して言う

 

1.物事は複数視点で見る

 

事実は1つしかないのですが、立場によって感じることは異なります。

 

・褒める人、褒められる人
・叱る人、叱られる人
・別れを切り出す人、別れを聞く人

 

 

1つの物事に対して話をしているのですが、話をする人、受ける人で感じ方が全く異なります。

 

 

また、第三者の誰かがこの話を聞いていた場合、また違った感じ方をします。

 

 

つまり、何か自分にとって嫌な事が発生した場合、即座に相手はどんな気持ちでいるのか、客観的に聞いていた人はどんな気持ちでいるのかなどを考えてみてください。

 

 

このように別の視点から物事を推測すると、今発生している心のダメージが一瞬消えます。

 

 

脳はシングルタスクなのです。

 

 

だから、別の事に集中すると、今ある苦しいことが忘れられるのです。

 

 

このように複数視点を考えることで、物事を冷静に客観的に眺められるようになります。

 

 

自分だけの事を考えているから、気持ちの切り替えができないのです。

 

 

複数の視点を持つことで、気持ちの切り替えが上手になります。

 

2.常に代替案を持っておく

 

複数視点と理屈は同じです。

 

 

1点に物事に集中してしまうから、逃げ道がなくなり気持ちの切り替えが上手にいかないのです。

 

 

だから、常に代替案を持っておきましょう。

 

 

先ほどの彼の話した「あの人はとてもキレイだね」に対して、

 

 

あなたは、複数の会話を用意しておきましょう。

 

・彼の友達について「あの人イケメンだよね。モテるよ、きっと」と言って反撃をする。
・「あら、私とどっちがキレイ?」と質問を切り返す。
・「じゃ、あの人と付き合っちゃえばぁ」と可愛くジェラシー。

 

この時、あなたが「ちょっと妬いてるのよ」と彼にわからせることができると、もやもやとした気持ちが吹き飛ぶことでしょう。

 

 

彼もちょっと妬いているあなたを可愛く思うでしょう。

 

 

あなたが営業担当でしたら、たくさん営業してたくさんの案件をかかえるのがいいでしょう。

 

 

案件が少ないと残念な結果になった場合、逃げ道がなくダメージが大きいです。

 

 

案件がたくさんあれば、もし契約に至らなかったとしても、逃げ道がたくさんありダメージも小さくなります。

 

 

代替案があることで、大きな失敗があっても、別の事を考えることで気持ちの切り替えがスムーズになります。

 

3.「ま、いっか」と口に出して言う

 

「ま、いっか」ってとてもいい言葉です。

 

 

何かつらいことがあったら、声を出して「ま、いっか」と言ってみてください。

 

 

つらい気持ちが楽になります。

 

 

魔法の言葉です。

 

 

生きていくとたくさんのつらいことに遭遇します。

 

 

でも、大半はどうってことないことです。

 

 

当時は巨大な事だと思っても、時が過ぎて振り返ってみるととても小さな事だったりします。

 

 

つらい事が起きた時、一つのことだけに集中していると逃げ道がなくなり気持ちを切り替えることができません。

 

 

いい意味で逃げ道をたくさん作っておきましょう。

 

 

たくさんの逃げ道があなたを救います。

 

 

素敵なあなたに幸あれ

カテゴリ:恋愛  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。