ずっと仕事でいいの?

昔の日本の女性は、結婚したら会社を寿退社し専業主婦をしていました。

 

 

男女平等が叫ばれるようになったころから、女性の社会進出が顕著になっていきました。

 

 

やがてキャリアウーマンと呼ばれる女性が増えてきました。

 

 

会社内でも女性の重役が増えていきました。

 

 

産前産後休暇も充実し、子供を産んだ後も社会復帰しやすくなりました。

 

 

政治家にも女性議員が増えています。

 

 

でも、世界の水準からみると日本の女性社会進出率はだいぶ低いみたいです。

 

 

感覚的には日本もがんばっているとは思うのですが、世界標準はもっと上をいっているとはすごいです。

 

 

一方、女性社会進出率の高まりに反比例して、日本の出生率はどんどん下がっています。

 

 

一般的にはそういわれてますが、それだけが理由ではないでしょう。

 

 

発展途上国の出生率は高く、先進国の出生率は低いです。

 

 

また、生物学的な話として種族が増えすぎると種の保存をするために神の手による出生率操作が行われます。

 

 

地球の人口は75億人。

 

 

地球の環境事情、食料事情、資源事情を考えると75億人は多すぎです。

 

 

日本は人口が減り始めています。

 

 

これも神の手によるものではないか。

 

 

そう考えると、草食化男子がセックスをしたがらないのも神の手によるものでしょう。

 

 

女性の社会進出も同様に神の手によるものでしょう。

 

 

日本社会に子供ができにくくする環境を神の手が作り出しているのです。

 

 

しかし、女性のすべてがキャリアウーマンになりたいわけではありません。

 

 

昔のように専業主婦にないたい人がいなくなったかといえば、そんなことはありません。

 

 

仕事が嫌いな女性もたくさんいます。

 

 

だって、もともと仕事は男性の発想で作れたものですから、女性には適応しにくいところがたくさんあります。

 

 

そんな中、女性が仕事で頑張ろうとすると、女性の感覚として違和感のある部分を克服していきますので、

 

 

男性から見ると、キャリアウーマンは普通の女性に比べてちょっと違和感を感じるのです。

 

 

ちょっと無理をしてるというか、背伸びをしてるというか、そんな感覚です。

 

 

世の中が女性の社会進出に関心が高いため、

 

 

本当は専業主婦をしたい女性が、自分の意思を他人の前で話しにくい環境になっています。

 

 

キャリアウーマンになりたければそれでいいです。

 

 

専業主婦したければそれでいいです。

 

 

ここは日本、自由の国ですから。

 

 

ただ、本当はキャリアウーマンしたくないのに、世の中の風潮がそうだからと無理して仕事に打ち込もうとしているのでしたら、やめた方がいいです。

 

 

やっと、本題のタイトルにたどりつきました。

 

 

ずっと仕事でいいの?

 

 

仕事があんまり好きじゃない人は、ずっと仕事しなくてもいいんですよ。

 

 

仕事なんか男にやらせておけばいいじゃないですか。

 

 

ある程度稼ぎのある男性と一緒になって結婚し、経済面は男性にまかせて、あなたは自由に人生を謳歌すべきです。

 

 

今の常識が永遠に続くわけではありません。

 

 

あなたはあなたの価値観と常識の中で自由に生きるべきです。

 

 

他人の目や意見など気にしなくていいです。

 

 

人に迷惑かけない範囲で、自由に生きていきましょう。

 

 

そうすることであなたの精神面は充実します。

 

 

精神が充実するとあなたの中に幸福感が生まれます。

 

 

あなた自身が幸せになれば、周りの人にも幸せを与えられます。

 

 

あなたがあたならしく生きることで、自分ばかりか周りの人まで幸せになるんです。

 

 

こんなすばらしいことはないです。

カテゴリ:恋愛  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。