表面だけの「お・も・て・な・し」

最近「日本すごい」をうたった番組や雑誌をたくさん目にします。

 

 

世界が日本のすごさに驚愕しているネタです。

 

 

どれだけナルシストなのよって感じです。

 

 

しょっちゅう海外出張をしている私は外から日本を見つめる機会がよくあります。

 

 

メディアがうたっている日本と、実際に海外の人々が感じている日本に大きな乖離があります。

 

 

というか、世界の人はメディアが言うように「日本すごい」なんて思っていません。

 

 

日本にしかいない日本人はメディアに洗脳されています。

 

 

そろそろナルシストのように自分の国を「すごい」なんていうのやめませんか?

 

 

諸外国に対して「すごい」を使えばいいと思う。

 

・イギリスのここがすごい

・アメリカのここがすごい

・中国のここがすごい

 

こうすることで、島国にいる私たちが諸外国に興味を持つきっかけになるのではないでしょうか。

 

 

ホメられている国も悪い気はしないので、日本では我々の国のこの部分がすごいとホメているようだと話題になることでしょう。

 

 

こうすることで相手の国も日本という国に関心を持ち良いイメージを持ち始めるのではないでしょうか。

 

 

ナルシストのごとく自分の国はすごいを連発しているよりとても良いと思います。

 

 

しかし、実際メディアが言っているのはこれの正反対で、特に東アジア近隣諸国(中国、韓国、北朝鮮)を報道する場合、ネガティブにあふれています。

 

 

例えば、中国では信号無視や列に並ばないなどを強調し、日本ではきっちりと規律をまもり秩序があることを強調します。

 

 

これも相対的に相手を下げて自分たちを上げる「日本すごい」の一つです。

 

 

そんな中、日本の「おもてなし」は世界一だと信じて疑わない人がたくさんいます。

 

 

国により文化も歴史も異なり価値観も違うため、全員が日本式おもてなしを称賛しているわけではありません。

 

 

例えば、日本の旅館のおもてなしを、ただうざいと思っている外国人も少なくありません。

 

 

だって、勝手に人の部屋に入って布団敷いているんですよ。

 

 

日本では当たり前でも、外国人からみたら「ここにはプライベートがないのか」とうんざりしてしまいます。

 

 

また、日本は思いやりがあってやさしい人が多いと思われています。

 

 

しかし、実際に日本に来た外国人は本質を語っています。

 

 

「確かに日本人は礼儀正しくやさしい。でもそれは表面上だけ。ちょっとしたことでイライラするし、人がいないところで悪口はいうし、内面は全然やさしくない」

 

 

最近中国人の友達に聞いた話は強烈でした

 

 

「日本人はなんでもかんでも日本が一番だと思っていて、私たち中国のことは完全に下に見ている。中国にもいいところがたくさんあるのに、それを理解しようともしない」

 

 

まさに「日本すごい」を連呼するあまり、外国人からはこのように映っているようです。

 

 

このままはいくと日本は世界の嫌われものになってしまいますよ。

 

 

 

カテゴリ:恋愛  [コメント:0]

男性は恋愛と結婚をはっきり分ける

若いころはたくさんの男性が私にちやほやしてきたのに、最近少なくなったわ。
歳のせいかしら

 

半分正しいし半分正しくない

 

その正しくない方の理由を知りたいわ。

 

年齢を重ねてもちやほやされている人はたくさんいます。

 

 

この差は何なのか?

 

 

それはあなたが結婚を意識しているかしていないかによります。

 

 

男性はあなたが結婚を意識しているかどうかを敏感に反応します。

 

 

男性にとって「恋愛」は「遊び」に近いようなものです。

 

 

ですので、相手を選ぶ基準は外見的魅力が中心となります。

 

 

多少性格が合わなそうと思っても、「美人だからいっか」と感じで無理してでも付き合います。

 

 

この辺は男性の見栄っ張りな心理が影響しています。

 

 

他人から自分の彼女が美人だというのは、男性にとって大きな自慢なのです。

 

 

また、この美人とセックスをしたというだけで、男性は大いに満足し高揚します。

 

 

しかし、「結婚」となると選択基準が大きく変化します。

 

 

恋多き女性や遊び大好きな女性は、選択基準から外れていきます。

 

 

一生連れ添う結婚の相手となると、

 

・自分に尽くしてくれて
・しっかりしていて
・家庭をきちっと守ってくれて
・忍耐力があって
・知性の高そうな女性が選ばれやすくなります。

 

もちろん、これを全部備えた女性はいないと思います。

 

 

でも男性は「結婚」となると、選択基準のハードルを一気に上げてきます。

 

 

だから、「結婚」を意識している女性を察知すると、男性はこの女性と人生を共にできるかと瞬時に脳内で計算し始めます。

 

 

女性の場合、「恋愛」「結婚」での彼氏選びに男性ほどの大きな違いはありません。

 

 

なぜなら女性にとって、セックスをすれば妊娠をする可能性があります。

 

 

男性のように「遊び」と割り切ることができないのです。

 

 

だから、女性は常に優秀で自分や子供を守ってくれる相手と付き合いたいと思うのです。

 

 

このような背景から男性は「恋愛」と「結婚」とでは主導権の持ち主が変わります。

 

 

「恋愛」の時男性は主導権を女性に委ねます。

 

 

女性がどこか旅行へ行きたいといえば、男性はそれにこたえます。

 

 

女性がおいしいものを食べにいきたいといえば、男性はそれにこたえます。

 

 

結婚前に男性は、女性に対して優しさをアピールし自分への評価を高めようとします。

 

 

しかし、結婚するとこの主導権が逆転します。

 

 

その要因となるのが経済力。

 

 

一般的に男性は女性よりも経済力が高いです。

 

 

出産育児も考えていくと、女性は結婚相手として経済力のある男性、頼りがいのある男性を考えます。

 

 

ここで女性が男性に頼るという図式により、自然と主導権は男性に移っていくのです。

 

 

経済力のある男性は競争率が上がるのは自然の摂理なのです。

 

 

素敵なあなたに幸あれ

カテゴリ:恋愛  [コメント:0]

知らない方が幸せ

彼のことを全部知りたい

 

 

と思っている人もたくさんいるでしょう。

 

 

お互いの関係を深めるために相手のことを知るという行為はとても自然な行為です。

 

 

でも何事もやりすぎはよくないです。

 

 

彼のことを知りたいがために、知らなくてもいいことまで調べていませんか?

 

 

世の中知らなくていいこともたくさんあります。

 

 

知らなければよかったということもたくさんあります。

 

 

ある程度彼のことを知ったらあとは謎のままにしておいた方が幸せです。

 

 

だって全部知ってしまったらもうつまらないじゃないですか。

 

 

全部知ってしまったら冷めてしまうかもしれませんよ。

 

 

わからないところがあるから、相手に興味を持つのです。

 

 

二人の関係を長く良好に保つためには、お互いにわからない部分を残しておきましょう。

 

 

あなたが一番知りたいことは、

 

 

彼の女性関係、お金に関することでしょう。

 

 

お金のことは通帳を見ればほぼわかります。

 

 

月々の給料はどれくらいで、普段どれくらい使っていて

 

 

借金はしていないか

 

 

ギャンブル好きで浪費していないか

 

 

この辺りの情報がわかれば、あなたは満足でしょう。

 

 

だからお金に関してはすぐにクリアになるでしょう。

 

 

となるとやっぱり一番気になるのが女性関係についてですね。

 

 

それを調べるのに一番最初に思いつくのが彼の携帯電話でしょう。

 

 

彼のメール、SNS、写真など全部見たいですよね。

 

 

オープンにしているカップル、夫婦もいますが、

 

 

大半な方々がこの部分はプライベート領域にしています。

 

 

この超プライベート領域、覗かない方がお互いのためです。

 

 

あなたは彼の浮気が心配で覗きたくて覗きたくて仕方がないはずです。

 

 

でも、この箱を開けてはいけません。

 

 

世の中知らなくていいことがたくさんあります。

 

 

世の中知らない方が幸せなことがたくさんあります。

 

 

はっきり言って、浮気心のない男性はいません。

 

 

浮気心のない男性は、もはや男性として終わっています。

 

 

その浮気心をどうコントールできるのかが男性の価値です。

 

 

どんな男性もチャンスがあれば、キレイな女性とセックスしたいと思っています。

 

 

あなたは男性を幻滅するかもしれませんが、これが男性の普通の姿。

 

 

そう思っていても行動にうつさないのがいい男なのです。

 

 

超プライベート領域に、彼の心の断片が隠されているかもしれません。

 

 

でもそれは全ての男性が持っている断片で、あなたのために浮気をしないようもがいているのです。

 

 

二人のためにその領域はそっとしておいてください。

 

 

あなたにだって同じことがあるでしょう?

 

 

イケメンを見てうっとりしてしまったり

 

 

イケメンと話をしてドキドキしてしまったり

 

 

この程度の感情であればセーフですよね。

 

 

でもそのイケメンから食事に誘われてしまったら、あなたはどうしますか?

 

 

食事くらいならいいかって行ってしまいますか?

 

 

超プライベート領域、こんなこと彼に知られたくないですよね?

 

 

まぁ、お互い様ということで。

 

 

知らなくていいことは知らないままでいる。

 

 

これが二人のために大切なこと。

 

 

あなたの人生においてもとても大切なこと。

 

 

パンドラの箱はあけないでね!

カテゴリ:恋愛  [コメント:0]

ページの先頭へ